RSI(相対力指数)で相場状況を判断する

RSIとはどのようなテクニカル指標ですか?@

RSI(Relative Strength Index)というのは、
日本語では相対力指数ともいい、

 

前述のサイコロジカルラインと同様、
「買われすぎ」「売られすぎ」
を測るテクニカル指標です。

RSIとはどのようなテクニカル指標ですか?A

具体的には、RSIは、
サイコロジカルラインと同様、
グラフ上に0%から100%までの数字で表され、

 

100%に近づくほど買われすぎ、
0%に近づくほど売られすぎとなります。

 

また、RSIは、
通常14日間の相場の動きから計算されます。

 

14日間のうち、前日に比べて
上昇した日の値幅を上昇値幅合計として集計し、
下落した日の値幅を下落値幅合計として集計します。

 

そして、上昇した日の値幅合計分を
同じ上昇した値幅分合計と
下落した日の値幅分合計の和、
つまり、上昇と下落の値幅合計で割って求めます。

 

スポンサーリンク

RSIの判断の仕方は?

RSIは、100%に近づくほど買われすぎ、
0%に近づくほど売られすぎとなりますが、

 

通常は、
70%を超えてくると買われすぎ状態、
30%以下になると
売られすぎ状態と判断できるとされています。

 

そして、30%以下の売られすぎ状態から
RSIが反転上昇したときが買いシグナル、

 

反対に、
70%の買われすぎ状態から
RSIが反転下落したときが
売りシグナルといわれています。

 

このように、RSIは、
買われすぎ、売られすぎの感覚を
グラフ上に数字でとらえることができる指標であり、

 

また、相場状況を判断するのに
わかりやすい代表的なテクニカル指標といえます。

 

スポンサーリンク