手数料の安さ・総合的判断でFX会社を選ぶ

安ければよいというものでもない?@

FX会社選びで、
信用度の次にポイントとなるのが、
スプレッドの幅の狭さも含めた
「手数料の安さ」になります。

 

しかしながら、これも安ければ安いほどよい
というわけでもありません。

安ければよいというものでもない?A

FX業界も、過当競争といっていいほど
淘汰が進んでいることから、
手数料+スプレッドがゼロ
というところまで出てきていますが、

 

普通に考えても、
そのようなサービスがずっと続くのかというのは
大いに疑問が残ります。

 

実際、手数料競争に、極限まで巻き込まれたあげくに、
FXから撤退した会社もあります。

 

スポンサーリンク

派手な公告や告知をしているFX会社には要注意?

何かにつけてキャンペーンを打ち出し、
顧客獲得に必死になっているFX会社も要注意です。

 

例えば、
「いくら以上の取引で1万円キャッシュバック」
と言われても、

 

FXをまともにやっている人が
その程度のキャッシュバック額で
取引会社を変えるとは思えません。

 

もちろん一概にはいえませんが、
総合的に良いサービスを提供し続けている
良質のFX会社というのは、

 

派手な公告や告知に力をいれなくても
自然に投資家の支持を得ているはずだからです。

 

スポンサーリンク

わかりやすい取引画面のFX会社を

信用力や手数料のほかにも、
例えば、取引画面の見やすさ
などというのもポイントになると思われます。

 

というのは、
どんなにメインサイトのデザインが優れていても、
毎日見る取引画面が使いづらくては
本末転倒だからです。

 

トレーダーとの相性や慣れの問題もありますが、
要するに
「この取引画面はわかりやすい」
と判断できることがポイントです。

それ以外のポイントは?

上記以外にも、次のような
数多くの比較ポイントがありますが、どれも重要です。

 

■小さい通貨単位から取引できるか 
■緊急時のサーポート体制
■レバレッジ体系 
■通貨ペアの豊富さ 
■チャートの見やすさ
■システムの安定度 
■口座開設してから提供される情報量...など

 

なお、FX業界は、
今後も淘汰が進んでいくと思われますので、
会社の財務体質が健全であるかどうかにも
注意する必要があります。

 

スポンサーリンク