FX会社選びにおけるコスト意識の徹底とは?

投資スタンスによってコスト削減は異なる?@

投資家が相場で、
まずコントロールできるのはリスクです。

 

そして、それに加えて、トレード全体で
抑えられるのが「コスト削減」です。

 

FX業界も、
過当競争といっていいほど淘汰が進み、
手数料競争も激化していますので、
それほど違いはないと考えられるかもしれません。

投資スタンスによってコスト削減は異なる?A

しかしながら、
1日何回も売買を繰り返す
スタンスをとっている場合には、

 

ごくわずかな手数料はもちろん、
スプレッドの狭さが1銭違うだけでも、
積もれば大きなコスト削減につながります。

 

スポンサーリンク

投資スタンスによってコスト削減は異なる?@

中長期でどっしり構えるスタンスであれば、
そこまでこだわる必要はありません。

 

中長期の場合には、
そこまで敏感にならなくても、
会社の信用力や安定性に
注目した方がよいと思われます。

 

つまり、
会社の信用力とコスト競争の優位性は
必ずしも一致しませんので、

 

手数料の高さなどとのかねあいで、
投資スタイルに応じて
総合的に判断するべきであるということです。

FX口座を使い分けることでコスト削減をする

FX会社を選ぶ際には、
まずは信用度の高いところで取引すべきです。

 

しかしながら、そういった会社というのは、
手数料競争に巻き込まれなくても
生き延びていけるので、

 

あえて手数料を
業界最低水準まで引き下げる必要はありません。

 

なので、この辺が難しいところなのですが、
それでも探せば、信用力が高くて、
かつ手数料が業界最低水準に近いところというのもあります。

 

ちなみに、売買頻度の高いトレーダーは、
このような貴重なFX会社をメインにしつつ、

 

チャートの充実している会社の口座では
チャートのみを利用し、
ニュースの速報性が売りの会社の口座では
ニュースの配信をチェックしているようです。

 

このように賢く取引先会社を使い分ければ、
コストを極限まで抑えることができます。

最終的には、総合的に判断する

FX上級者は、
メインとサブ口座を複数開設しているのはもちろん、
有益な情報やツールを得るためだけに、
気軽に口座開設しているようです。

 

つまり、会社の信用力とコスト競争の優位性は
必ずしも一致しませんので、

 

FX口座の開設にあたっては、
手数料の高さなどとのかねあいで、
投資スタイルに応じて総合的に判断するべきです。

 

スポンサーリンク