日本の経済指標が為替相場に与える影響は?/日銀短観とは?

為替相場に与える影響は?

日本人がトレードするときは、
その多くが対円での取引になりますから、
やはり日本の経済指標にも
注意する必要があると思いがちです。

 

しかしながら、実際には、
世界規模で行われている為替相場においては、
日銀短観やGDPなど、多少影響力のあるものを除いて、
日本の経済指標は、ほとんど影響を及ぼさないといえます。

日銀短観とは?

日銀短観というのは、
日本銀行が四半期に一度発表するもので、
正式名称は「主要企業短期経済観測調査」といいます。

 

具体的には、全国の民間企業
およそ1万社に、日本銀行が直接調査を行い、
景況感や設備投資計画などをヒアリングするものです。

 

毎年3、6、9、12月に調査を実施し、
翌月の4、7、10月の初旬と、12月の中旬に発表されます。

 

なお、日銀短観は、
日銀が直接調査を実施するので、
回答率が非常に高く、信頼性も高いということで、
市場関係者の注目度も高くなっています。

日銀短観の中で注目される項目は?

日銀短観には、数多くの調査項目がありますが、
その中でも市場が注目しているのは
「業況判断DI」と呼ばれるもので、
特に「主要企業製造業の業況判断DI」が重要になってきます。

 

これは、自分が経営している会社の業況について
強気な味方をしている人が、
弱気の見方をしている人に比べて、
多いか少ないかを示すものです。

 

そして、この数字が予想より強ければ円高、
弱ければ円安になりやすいです。

 

スポンサーリンク