要人発言の為替相場への影響

要人発言は為替相場にどのような影響を与えますか?@

為替相場というのは、
様々な国の重要人物による
ちょっとした発言で大きく動くことがあります。

 

この発言の内容で
最も重要なのは、
それまでと違ったことを言い出したときです。

要人発言は為替相場にどのような影響を与えますか?A

例えば、ドル安が続いているときに、
米国要人がこれまでは
「為替相場は市場に任せる」
と発言していたのに、

 

ある日突然、
「必要とあれば対応が必要だ」
などと発言の方向を変えてきたときなどです。

 

このようなケースでは、
発言と同時にドルは急落することになります。

 

よって、同一人物の発言内容には、
十分な注意が必要です。

 

スポンサーリンク

誰の発言が重要か?

要人発言では、誰の発言を押さえるべきかといえば、
まずは各国の為替政策を決めている人の発言になります。

 

つまり、米国でいえば、
財務長官や財務次官の2人が
為替政策のキーマンになります。

 

また、回数としては非常に少ないですが、
大統領やホワイトハウスの報道官が
為替について発言したときは、

 

その裏に政治的な意図が隠されていることが多いですから、
注意が必要です。

米国の政治家の発言が為替相場に与える影響は?

一般的に政治家は、
言葉を操るのが仕事ですから、
その表現には細心の注意を払っています。

 

よって、基本的には、
必ず何らかの意図をもって発言をします。

 

特に大統領は、基本的に
為替に関する話題を取り上げることはあまりないので、
為替に関わる話題に触れてきたときには、
注意する必要があります。

日本の政治家の発言が為替相場に与える影響は?

日本では、財務大臣、財務省の財務官、
財務省国際局長がキーマンになります。

 

なお、財務大臣以外の政治家の発言は、
個人的な意見が多いので気にしなくてよいと思われます。

 

スポンサーリンク