長期投資・短期投資のスタンスをとる場合

長期投資ならどのような投資方法になりますか?@

前述したように、
1年先の相場を見通すというのは
非常に困難であるということを考えますと、

 

長期で為替に投資する場合には、
どうしても金利差を意識して
ドレードをするほかないということになってきます。

長期投資ならどのような投資方法になりますか?A

日本の金利がゼロ%に近い状態が続けば、
どこの国に投資したとしても、
日本よりも高い金利が得られるはずですから、
海外に目が向かうのも当然です。

 

実際、ここ数年は外貨投資ブームになっており、
投資スタンスとしては外貨買いになっています。

 

具体的には、2〜3年の期間で外貨に投資し、
金利を稼ぐというスタイルをとることになります。

 

なので、あとはどれくらいの金利が得られるのかということと、
外貨に投資するタイミングを考えることになります。

 

ただし、仮に金利差が5%あったとしても、
1年間で為替は10%〜20%も動きますので、

 

5%の金利差など、売買のタイミング次第では、
軽く吹き飛んでしまうということは、
念頭においておく必要があります。

 

スポンサーリンク

短期投資ならどのような投資方法になりますか?

投資サイクルが2〜3日から、
長く保有したとしても1か月程度という短期投資の場合には、

 

外貨の買いから入るだけでなく、
売りから入ることも
抵抗感をもってはいけないということになります。

 

つまり、一般の投資家がもちがちな
売りに対するアレルギーを取り除くことが必要になってきます。

 

為替市場では、
市場参加者の間で話題に上るテーマが、
数か月ごとに変化していきます。

 

場合によっては、もっと早く変わってしまうこともあります。

 

なので、短期スタンスで投資する場合には、
このめまぐるしく変化する
「相場のファッション」
にも、敏感でいる必要があるのです。

 

当然、売買のタイミングや金額の設定など、
技術的なノウハウを磨いていくことは言うまでもありません。

 

スポンサーリンク