FX取引にかかるコストは?/トータルで勝つには?

スプレッドというコスト@

まず、FXでは、売り買いのスプレッド
というコストがかかります。

 

FXで提示されている為替レートは、
2WAYプライスといって、次のように、
外貨の売値と買値が、同時に提示されていると思います。

 

⇒ 100.20−100.25

スプレッドというコストA

米ドルの場合ですと、これは投資家から見ると
「1ドル=100円20銭でドルを売れる」
「1ドル=100円25銭でドルを買える」
という意味になります。

 

この両者の差額(スプレッド)である5銭が、
ドルを売り買いするときに必要なコストです。

 

スポンサーリンク

為替手数料というコスト

為替手数料というのは、
外貨を売買するのに必要なコストで、
FX業者や銀行によっても異なります。

 

最近は無料のところも出てきていますが、
外貨預金の場合では、
1ドルにつき2円も取る場合もあります。

トータルで勝つには?

FXトレードでは、
スプレッドや為替手数料といったコストがありますので、
勝ち負けが五分五分の勝負をしていると、
最終的には負けてしまうことにもなりかねません。

 

つまり、勝率5割、6割でも
金額ベースで勝てるようなトレードをするためには、

 

儲けの金額を、
損失額の3倍以上に設定しないと、
勝つことができないということです。

 

特に負けたとき、
損切り(ロスカット)することは重要なのですが、
損失額を小さく抑えることが大切だといわれるのは、
このコストの問題があるからです。

勝率はどれくらい?

勝率でいいますと、
実際にFXトレードで7割以上の勝率をあげるというのは、
よほどの天才でもない限り無理です。

 

通常は、どんなにがんばっても勝率は、
5〜6割がせいぜいだと思われます。

 

その勝率で、
しかもコストを負担したうえで儲けるためには、

 

勝てる相場では大きく儲けるようにして、
損失は最小限に抑えるような
「エントリー(入口)」「エグジット(出口)」
の工夫をすることが重要になります。

 

スポンサーリンク