トレンドラインで相場を読む/トレンドラインの引き方は?

トレンドラインとはどのようなものですか?@

ローソク足でもトレンドはわかりますが、
トレンドラインを引くと
よりはっきりと、
トレンドの確認をすることができます。

 

トレンドラインとは、
その名の通りトレンドを判断するために、
自分で引く補助線のことをいいます。

トレンドラインとはどのようなものですか?A

上値抵抗線の場合は、
下降トレンドの動きを見つけたら、
その高値どうしを直線で結びます。

 

また、下値支持線の場合は、
上昇トレンドを見つけたら、
その安値どうしを直線で結びます。

 

トレンドライン

 

スポンサーリンク

トレンドラインを引く際の注意点は?

トレンドラインを引くときの注意点としては、
ヒゲの存在を無視するということです。

 

また、あまり正確に引こうとしすぎないで、
大胆にひくことも大切です。

 

トレンドラインの引き方は、1つではありませんからね。

上昇トレンドの時のトレンドラインの引き方は?

トレンドラインは、上昇トレンドの時には、
安値と安値を結んで線を引きます。

 

これをサポートライン(下値支持線)と呼びます。

 

サポートラインというのは、
これを超えて価格が下がるのを阻止する
壁のようなもので、

 

投資家は、
「下がってもサポートラインまでで、ここを割り込んで下がることはないだろう」
と考えています。

 

なので、たまにサポートラインを割り込むと、
「この下げ圧力は強い」
とか
「トレンドが変わったのかも」
などと考えることになります。

 

FXトレード上の戦略としては、
サポートラインのところに買い注文を入れておけば、
予想通りにここで反発上昇すれば
利益が出ることになります。

 

スポンサーリンク

下降トレンドの時のトレンドラインの引き方は?

トレンドラインは、下降トレンドの時には、
高値と高値を結んだ線を引きます。

 

これをレジスタンスライン(上値抵抗線)と呼びます。

 

レジスタンスラインでは、
上から頭を押さえられているかのようにして、
価格が下がっていきます。

 

レジスタンスラインは、
これを超えて上がっていくのを阻止する
壁のようなもので、

 

投資家は
「上がってもここまでだろう」
と考えています。

 

なので、たまにこれを超えることがあると、その時は
「上昇の勢いが強い」
とか
「ここまで強いと、さらに上がるかもしれない」
などと考えることになります。

 

FXトレード上の戦略としては、
レジスタンスライン上に売り注文を出しておけば、
予想通りにここで価格が反落すれば
利益が出ることになります。

 

スポンサーリンク