三尊天井、逆三尊、逆相関とは?

三尊天井とは?@

三尊天井というのは、
チャート上で形成される
代表的な値動きのパターンのことをいいます。

 

具体的には、高値を3回記録し、
その2回目の高値の値段が最も高くなるパターンです。

 

その形が、釈迦三尊に似ていることから
この名称が付けられました。

三尊天井とは?A

なお、三尊天井が形成される途中につけた
2回の安値を結んだラインをネックラインといい、

 

一般に、価格が3回目の高値を付けた後に、
このラインを価格が下回ると、
下落基調が鮮明になるといわれています。

 

三尊天井

 

スポンサーリンク

逆三尊とは?

逆三尊というのは、
チャート上で形成される
代表的な値動きのパターンのことで、

 

具体的には、3回の安値を記録し、
その2回目の安値が最も低くなるパターンです。

 

この逆三尊は、
三尊天井を逆さにした形になることから
この名称が付けられました。

 

なお、逆三尊が形成される途中につけた
2回の高値を結んだ線をネックラインといいますが、

 

一般に、価格が3回目の安値を付けた後に、
このラインを上回れば、
上昇基調が鮮明になると判断されます。

逆相関とは?

逆相関というのは、
互いに逆の動きをする、2者の関係を示す用語です。

 

例えば、ドル/円が上昇しているときに、
ユーロ/円が下落している場合は、こ
れらの通貨ペアは逆相関の関係にあるといいます。

 

なお、FXでは、
分散投資の一環として

 

逆相関の関係にある2つの通貨ペアを
同時に取引して、
相場の変動リスクを軽減し、
スワップポイントを狙う手法もあります。

 

スポンサーリンク