RSIはトレンドの過熱状態を見つける

テクニカルチャートの種類

テクニカルチャートには様々なものがありますが、
大きく分けると、
次の2つのタイプに分けることができます。

 

■順張り系 
今あるトレンド乗って、収益を上げるための方法論です。

 

■逆張り系 
トレンドが行き過ぎたところで、
売買シグナルを出すタイプのものです。

RSIとは?

RSIというのは、
代表的なオシレーター系チャートで、
買われ過ぎ・売られ過ぎの
ポイントを見つけ出すものです。

 

また、RSIは、
ある期間内での上昇幅の平均値と
下降幅の平均値から算出し、
現在レートの相対的な強さを表します。

 

わかりやすくいうと、
トレンドの過熱状態を数値化して、
計算ではじき出された指標が、

 

一定のライン以上の入れば売りシグナル、
一定のライン以下に入れば買いシグナル
と判断してくれるというものです。

 

RSI

 

スポンサーリンク

RSIの売買シグナル

通常RSIの値は
ローソク足チャートの下に表示され、
0%〜100%の間で上下します。

 

RSIは、50%を基準値として、
一般にRSIが30%以下にあるときは「売られ過ぎ」
70%以上にあるときは「買われ過ぎ」とみなします。

RSIの特徴と売買ポイントは?

RSIは、
「買われ過ぎ」「売られ過ぎ」
の売買ポイントを探し出すチャートです。

 

また、RSIは、50%を基準値として、
70%以上で「買われ過ぎ」
30%以下で「売られ過ぎ」と判断されます。

 

スポンサーリンク