ストキャスティクスは相場の過熱感を表す/デイトレードでの投資方法は?

ストキャスティクスとはどのような指標ですか?

ストキャスティクスというのは、
RSIと同じで、
代表的なオシレーター系指標です。

 

具体的には、過去何日間かの変動幅の中で、
現在レートがどの位置にあるかを算出して
過熱ぶりをシグナルとして表示します。

ストキャスティクスの売買シグナル

ストキャスティクス

 

ストキャスティクスは、
0%〜100%の幅の中で数値が上下し、
一般には70%以上で「売り」
30%以下で「買い」とみなされます。

 

スポンサーリンク

ストキャスティクスとRSIとの違いは?

ストキャスティクスの考え方は、
RSIと非常によく似ていますが、
その違いは、
ストキャスティクスが、2本の線からできているという点です。

 

安値圏に2本の線がクロスすれば買いシグナル、
高値圏に2本の線がクロスすれば売りシグナルと判断されます。

 

ちなみに、いわゆるダマシに反応しないために、
70%・30%の売買サインを、
それぞれ、85%・15%に設定しているトレーダーも多いようです。

ストキャスティクスの特徴と売買ポイントは?

ストキャスティクスは、RSIと同様で
「買われ過ぎ」「売られ過ぎ」
のポイントを探し出すチャートです。

 

一般的には、70%以上で「買われ過ぎ」
30%以下で「売られ過ぎ」とみなされ、

 

安値圏で2本の線がクロスしていれば「買いサイン」
高値圏でクロスしていれば「売りサイン」と判断されます。

 

スポンサーリンク