ボックス相場での売買戦略

ボックス圏は儲けるチャンス?@

トレンドには、
大きく分けて次の3つがあります。

 

■上昇トレンド 
■下降トレンド 
■もみ合い相場

ボックス圏は儲けるチャンス?A

このうちもみ合い相場は、
上昇とも下落ともはっきりとしない、
方向感に乏しい相場のことですが、

 

このもみ合い相場が続くと、
つい他の通貨ペアに飛びつきがちになります。

 

しかしながら、同じもみ合い相場であっても、
ボックス圏に入っている場合には、
実は儲けるチャンスといえます。

 

ボックス相場は、
高値と安値のいずれも越えることがなく、
一定の水準で、上昇下降を
何度も繰り返すというものですが、

 

この場合には、
「ボックスの下まで下落したら買い」
「ボックスの上に達したら売り」
を繰り返せばよいので、非常に儲けやすいです。

 

スポンサーリンク

ボックス相場の注意点

ボックス相場というのは、
いつかは崩れ、崩れたときには
レート変動が起きますので、

 

ストップオーダー(逆指値注文)などで
あらかじめリスクヘッジをしておくことが重要です。

ボックス圏トレードにおける注意点は?

ボックス圏トレードにおいては、
ボックスが崩れる場合を見越して、

 

あらかじめ
高値の上の地点と安値の下の地点で
ストップオーダー(逆指値注文)
を出しておくことが必要です。

 

これは、当然ですが、
いつまでも続くボックス相場というはあり得ないからです。

 

ボックス相場はいったん崩れると、
一転して値動きが大きくなりますから、

 

このことに注意して、
もしもの場合のリスクヘッジをしておけば、
ボックス相場が続く限り、安心して儲けることができます。

 

スポンサーリンク

ボックス相場でのスワップ狙い

ボックス相場であって、
しかもほとんど値動きに変化がない状態が
ずっと続く場合には、

 

スワップ狙いでホールドする、
というのも1つの戦略です。

 

当然のことながら、緊急時に備えた
ストップオーダー(逆指値注文)を出しておくことは
大前提となりますが、

 

スワップポイントが大きく入ってくる通貨ペアであれば、
そのうまみを最大限に享受できるはずです。

 

このように、わかりやすい
上昇トレンドや下落トレンドが
見つけられない場合でも、

 

ボックス相場をフルに利用すれば
収益チャンスに変えることが可能です。

 

スポンサーリンク