TTB・TTS・TTMレート、公示相場(レート)とは?

TTBレートとは?

TTBレートというのは、
電信買相場のことであり、
金融機関の対顧客外貨買いレート
(顧客の売りレート)のことをいいます。

 

なお、TTBレートには、
手数料が含まれていますので、仲値より低い、
つまり、顧客にとって不利なレートになっています。

TTSレートとは?

TTSレートというのは、電信売相場のことであり、
金融機関の対顧客外貨売りレート
(顧客の買いレート)のことをいいます。

 

なお、TTSレートには、手数料が含まれていますので、
仲値より高く設定されています。

 

スポンサーリンク

TTMレートとは?

TTMレート(=仲値)というのは、
毎日9時55分頃の
インターバンク市場の為替レートを基準にして、

 

各銀行が決定する
対顧客レートの基準値となるレートのことをいいます。

 

なお、決済日が2営業日後の
インターバンク市場のレートから
スワップポイント分を調整して当日物として決定します。

約定とは?

約定というのは、
売買オーダーが執行される、
あるいは売買取引が成立することをいいます。

約定日とは?

約定日(やくじょうび)というのは、
取引が約定した日のことをいいます。

公示相場(レート)とは?

公示相場(レート)というのは、
東京市場に参加している民間金融機関の
対顧客取引の基準となるレート、
仲値(TTMレート)のことをいいます。

 

9時55分頃の
インターバンク市場の実勢レートに基づき
各銀行が独自に決定します。

 

スポンサーリンク