FX取引の利益は雑所得で総合課税

値動きによる利益とスワップ金利を合わせた利益が課税される@

株式投資の場合は、
株価の変動から得られる利益については
税務署に申告しますが、

 

配当に対する税金は、
通常、個人では源泉徴収されています。

値動きによる利益とスワップ金利を合わせた利益が課税されるA

また、値動きによる利益は、
申告分離課税といって、
給与などの他の所得とは別に、
年20%が課せられることになっています。

 

一方、
「くりっく365」以外のFX取引では、
値動きによる利益と
スワップ金利を合わせた利益を雑所得とみなし、

 

他の所得と合わせて
総合課税の対象となります。

 

ただし、FXで得た利益と、
他の雑所得を合わせた雑所得の全額が、
年間20万円以下の場合には
申告する必要がない、すなわち実質無税となります。

 

なお、FXで損失を出したからといって、
その分を他の所得から差し引いて
課税額を減らすということはできませんので、
注意してください。

 

※現在は、税制改正により、くりっく365もそれ以外のFX取引も
税金に関する取り扱いは同じになっています。

 

スポンサーリンク

株式投資とFXの税金の違いは?

株式投資とFXではどこが違うのかというと、
一言でいうと、税率が異なります。

 

つまり、株式投資などの分離課税では、
税率が一律に決まっているのに対して、

 

FXのような雑所得扱いでは、
他の所得と合算した総所得が増えると、
段階的に税率が上がっていくことになるからです。

 

ちなみに、上記の「くりっく365」では、
申告分離課税が適用され、その税率は20%とされています。

デイトレードの場合の投資方法は?

デイトレーダーになると、
上記よりもさらに極端で、

 

まず、日々の経済指標が発表された後の相場が
どのように変化するのかを、
常に画面に張り付いて注視する必要が出てきます。

 

とはいえ、
一般の投資家がデイトレードをする場合には、
いくら張付いて見ていたとしても、
どうしてもその情報量には限界がありますから、
最終的にはテクニカル分析に頼らざるを得ないと思われます。

 

スポンサーリンク