FXと株価の情報の公平性

外国為替における重要な情報は簡単に入手できる@

株価に関する情報というのは、
投資家に十分に伝わらないことが多くあります。

 

例えば、未公表の経営状況などの
身内にしかわからないインサイダー情報でなくても、

 

1つの情報について、ある人は知っていても、
別の人は知らないといったことはよく起こります。

外国為替における重要な情報は簡単に入手できるA

しかしながら、外国為替における重要な情報については、
各国の経済指標や金融政策などであっても、
誰もが比較的簡単に入手できるものがほとんどです。

 

つまり、FXの場合、
情報に対してはたいていの人が
公平に接することができるということです。

 

スポンサーリンク

株式投資からFXへとシフト

FXには前述したようなメリットがあることから、
「FXのほうが、よりフェアでシンプルで取り組みがいがある」
と考える人たちが、
株式投資からFXへとシフトしているといわれています。

 

日中は忙しくて取引できないサラリーマンやOLから、
じっくりと取り組むことのできる主婦、
引退して本格的に投資に力を入れる高齢者まで、

 

それぞれの立場で、柔軟に使い分けられるのが、
FXの最も優れたところといえます。

株式投資とFXではどのような違いがありますか?

株式投資とFXを比較すると、
次のような違いがあります。

 

<手数料>
■株式投資 ⇒ FXよりも高い。
■FX ⇒ 株式投資よりも安い。

 

<取引時間>
■株式投資 ⇒ 取引所が開いている時間に限定される。
■FX ⇒ 24時間いつでも取引できる。

 

<投資の対象>
■株式投資 
⇒ 銘柄数で4,000近くある。
■FX 
⇒ 通貨ペアの種類によって10〜100以上まで様々(FX業者により異なる)。

 

<投資の情報>
■株式投資 
⇒ 限られた人しか知らないインサイダー情報によって相場が動くことがある。
■FX 
⇒ 重要な情報は誰でも簡単に入手可能。

 

スポンサーリンク