2WAYプライスとスプレッド/スリッページとは?

スプレッドがあってこその「手数料ゼロ円」@

株価の場合は、1つのレートで示され、
買う場合も売る場合も、同じ株価で取引されますので、

 

この2WAYプライスというのは、
為替に特有の表示方法といえます。

 

そして、この売りレートと買いレートの差のことを
「スプレッド」といいます。

スプレッドがあってこその「手数料ゼロ円」A

このスプレッドは、
取引を仲介する機関やFX業者だけでなく、
取引の仲介をする銀行や為替ブローカーなどへの
手数料となっています。

 

つまり、FX業者に対して、
取引ごとに500円とか1,000円とかの手数料を支払うほかにも、
スプレッドが別途の手数料になっているということです。

 

ちなみに、FX業者は、
このスプレッドがあるからこそ、業者によっては
「手数料ゼロ円」
といったサービスを提供することができるのです。

 

スポンサーリンク

もし1つのレートしか提示されなかったら?

もし、2WAYプライスではなく、
1つのレートしか提示されていない場合は、
スプレッド、すなわち手数料が
いくらになっているんかわかりません。

 

もしかしたら、FX業者が顧客に
不利なレートを押し付けている可能性も考えらます。

 

よって、現在では、ほとんどのFX業者が
2WAYプライスで提示していますが、
もし一方のレートしか提示していない業者があった場合には、
敬遠しておいたほうが無難です。

スリッページとはどのようなものですか?

スリッページとは、
表示されるレートと成行注文の執行レートに差が出るときの、
この差のことをいいます。

 

市場レートというのは、絶えず変動しています。

 

なので、今、見ているレートが
注文発注のクリックをしたときにも
変わっていないとはいえません。

 

つまり、100.00円だと思って
成行買い注文をは注したのに、100.03円でついてしまった
というようなケースが十分ありえるということです。

 

100.00円で買いたいと考えていたわけですから、
3銭分は損をしてしまったとも考えられるわけです。

 

スリッページは、顧客の損失となり、
FX業者にとっては得になることがあります※ので、
スリッページの大きさはFX業者を判断する材料にもなります。

 

※その逆のケースももちろんあります。

 

スポンサーリンク