レバレッジ運用とそのリスク

レバレッジとはどのようなものですか?

レバレッジ(leverage)というのは、
英語で「テコの力」という意味で、
小さな力で大きな力を生み出すことを指しています。

 

なので、金融取引において
レバレッジといった場合には、少ない資金で、
その何倍もの運用効率を上げることを意味し、

 

FXでは預ける証拠金に対する
取引可能金額の比率のことを指します。

レバレッジ取引の運用例は?

例えば、
10倍のレバレッジ取引を扱っているFX会社に
10万円を預けますと、

 

1万ドル(1ドル=100円で100万円)
の取引まで可能になります。

 

そして、
10万円を元手にレバレッジを10倍にして、
1ドル=100円で1万ドル分(100万円分)
のドル買い/円売りをしたとします。

 

その後にドル円レートが変動して、
1ドル=103円になり、保有していた1万ドルを、
円に交換(ドル売り/円買い)すると、
3万円(1万ドル×103円−100万円)の利益となります。

 

なお、もしこれをレバレッジなしで行っていたとすると、
1ドル=100で1,000ドル分(10万円)のドル買い/円売りをし、
ドル円レートが1ドル=103円になった時点で、

 

保有していた1,000ドルを円に交換すると、
3,000円(1,000ドル×105円−10万円)の利益となります。

 

つまり、レバレッジ10倍にした場合には、
利益の拡大も10倍になるということです。

 

ただし、これは損失が発生する場合には、
レバレッジ10倍にした場合には、
損失の拡大も10倍になるということなので、注
意が必要になります。

レバレッジにはリスクが伴う

上記のように、レバレッジとは両刃の剣であり、
為替予想が当たれば、
利益もレバレッジの倍率に応じて拡大しますが、

 

為替予想がはずれると
損失もレバレッジの倍率に応じて拡大してしまいます。

 

よって、レバレッジには
リスクが伴うことを忘れないようにしたいところです。

 

スポンサーリンク