マージンコールとロスカットで担保を押さえる

証拠金はFX会社が強制的に押さえられるようにしてある@

FXというのは、個人投資家向けに
外国為替取引を小口化した金融商品ですが、

 

FX会社が最も警戒するのは、
不特定多数の顧客に対して
外国為替取引を提供した場合に、
個人投資家が抱えてしまった損失を被ることです。

証拠金はFX会社が強制的に押さえられるようにしてあるA

なので、そのような事態にならないように、
取引開始時に証拠金という担保を預かって、
損失が拡大しそうな場合には、

 

FX会社が、その担保を
強制的に押さえられるようにしてあるのです。

 

そして、この担保を押さえるまでには、
「マージンコール」「ロスカット」
の2段階があります。

 

ちなみに、対顧客市場でも、対法人※では、
対個人のように
証拠金を預けるということは行われていません。

 

※銀行とその他の金融機関や事業法人間の外国為替取引です。

 

スポンサーリンク

「マージンコール」とは?

これをサッカーで例えますと、
「マージンコール」「イエローカード」
ということになります。

 

つまり、預けた証拠金の
例えば50%分の損失を抱えてしまったら、
FX会社は、その投資家に
「マージンコール」
という警告の通達を出して、

 

「取引を継続したいのであれば、追加で証拠金を預けてください」
と伝えます。

「ロスカット」とは?

これをサッカーで例えますと、
「ロスカット」「レッドカード」
ということになります。

 

つまり、ロスカットは一発退場ですから、
例えば80%分の損失を抱えてしまったら、
FX会社は、
その投資家の取引を強制的に終了させて、

 

それ以上損失が拡大するのを防いで
担保を押さえるのです。

 

スポンサーリンク