外国為替市場は外国人が98%

外国為替取引高の順位は?@

外国為替市場は、
外国人がその98%を占めるという
非常に偏りのある金融市場となっています。

 

BIS(Bank for International Settlements)
による2007年の調査報告書によりますと、
外国為替取引高の順位は、次のようになっています。

外国為替取引高の順位は?A

■1位:ロンドン市場(34.1%)
■2位:ニューヨーク市場(16.6%)
■3位:スイス(6.1%)
■4位:東京市場(6.0%)

 

ちなみに、東京市場(6.0%)のシェアのうち、
日本銀行の統計によりますと、

 

およそ30%が日系銀行、
およそ70%が外資系銀行となっていますから、
外国為替市場全体に占める日本人が関わる取引というのは、
1.8%(6%×30%)に過ぎないといえます。

 

スポンサーリンク

インターバンク市場の外国為替市場への影響力は?

BISによる2007年の調査報告書によりますと、
1998年のインターバンク市場のシェアは
全体の64%でしたが、
2007年には43%までシェアを落としています。

 

これに対して、
ヘッジファンドを含むその他金融機関は、
1998年には20%のシェアで、
2007年には40%にまでシェアを伸ばしています。

 

つまり、外国為替市場全体に対する
インターバンク市場の影響力というのは、
かつてに比べると比較的小さくなり、

 

現在では、
ヘッジファンドなどその他金融機関動向も
大きな影響力を持っているといえます。

 

スポンサーリンク