1月〜3月の外為市場の特徴/日本の外為ディーラーは若手がいない?

1月〜3月の外為市場の特徴は?@

外為ディーラーが
前述したような契約形態であることから、
腕一本で活躍している、
上位10行の外為ディーラーであっても、

 

年初から大きなポジションを持つことには躊躇するため、
その年の市場のトレンドを見極めながら
徐々に勝負に出るといった感じのようです。

1月〜3月の外為市場の特徴は?A

実際、1月に
外為市場が大きく動くということはあまりなく、
もみ見合う展開になることが多いのが特徴です。

 

こうしたもみ合い相場も、
2月末〜3月上旬頃になりますと、

 

日本は会計年度末、
欧米も第一四半期決算を迎えることから、
株式市場の喧騒から
外為市場も徐々に動き出す時期となります。

 

なので、3月末までに
円高や円安などのトレンドが出ることもあります。

 

しかしながら、1年が終わってみると、
この時期に出たトレンドと
反対の展開となっていたということはよくあることです。

 

例えば、2007年と2008年のドル円相場は、
2007年2月下旬にチャイナショックによる円高となりましたが、
その後、8月のサブプライム問題までは円安となっていました。

 

あるいは、2008年は3月に
ベアスターンズ・ショックによる円高となりましたが、
その後、9月のリーマンショックまでは円安となっていました。

 

そして、4月頃から、上位10行の外為ディーラーも
大きなポジションを持つようになり、
外為市場もその年のトレンドを明確に表すようです。

 

スポンサーリンク

日本の外為ディーラーは若手がいない?

日本では、「失われた10年」といわれた1990年代に、
日系銀行は倒産や合併を繰り返し、
外為ディーリング・ルームの人員もどんどん削減されていきました。

 

一方、外資系銀行も、
日本からの撤退や、アジアの拠点を
香港やシンガポールなどへ移転させたことから、

 

高給取りの外為ディーラーは
真っ先にリストラの対象となりました。

 

このような背景から、1990年代半ば以降で、
新規に外為ディーラーとして採用された若手とうのは少なく、

 

その後10年以上経っても、
働き盛りの30代の外為ディーラーが育っていないというのが、
各銀行、すなわち外為業界の課題となっているようです。

 

スポンサーリンク