4月〜6月の外為市場の特徴

4月の特徴は?@

欧米では、4月にイースターの祝日があり、
日本では4月末から、
ゴールデン・ウィークという祝日があります。

 

日本が祝日であっても、欧米が休み出ないときは、
相場は容赦なく動きますし、しばしば海外勢は、
そういう日を狙って仕掛けてくることもありますので、
あまりのんびり構えてもいられません。

4月の特徴は?A

ちなみに、過去には、
日本の外為ディーラーが休みの
ゴールデン・ウィークを狙って、

 

ドル円市場に
投機を仕掛けてくることもたびたびありました。

 

スポンサーリンク

5月〜6月の外為市場の特徴は?

5月〜6月は、
日本企業の3月期の決算が
続々と発表される時期であり、

 

またメディアが決算発表に追われることもあり、
株式市場が中心になっているように感じます。

 

確かに外為市場が
株式市場の影響を受けることもありますが、

 

日本の一企業の決算状況が、
世界中に市場参加者のいる外為市場に
影響を与えるということは、
ほとんどないといってよいと思います。

日経平均株価とは?

日経平均株価というのは、
「日経225」とも呼ばれるもので、
日本経済新聞社が、東京証券取引所(東証)第1部に上場する
225銘柄の平均株価を表した指標のことをいいます。

 

なお、日経平均株価の銘柄は、
毎年一部が入れ替えられます。

通貨危機とは?

通貨危機というのは、
為替レートの急激な変動によって、
経済全体が大混乱になることをいいます。

 

最近有名な通貨危機として、
1997年に発生したアジア通貨危機や、
1998年に発生した世界的な通貨危機があります。

 

スポンサーリンク