12月の外為市場の特徴

12月の特徴は?

サンクス・ギビング前から12月上旬頃までには、
ディーラー個々人の1年の総決算が行われています。

 

なので、12月にもなると、外国人ディーラーたちは
あまり働く気がないといってもいいかもしれません。

 

外為市場に影響力を持つ
世界有数の外資系銀行の外為ディーラーが
その調子なので、市場もすっかりオフになります。

12月には相場は動かない?

12月に相場が動くというのは珍しいことであり、
仮に動いたとしても、
それは参加者が少ないからというだけなので、
あまり動揺は広がらないようです。

 

ちなみに、この時期に取引しているのは、
その年に利益を上げられなかったディーラーだといわれていて、
あまり相手にされていないようです。

 

スポンサーリンク

サイクルに合わせてポジションを持つ

前述までの流れが
外国為替市場のおおよその1年となりますので、
個人投資家としても、
このサイクルに合わせてポジションを持つのが合理的といえます。

 

■1〜3月 ⇒ 様子見の時期
■4〜9月 ⇒ 主戦場の時期
■10〜12月 ⇒ 総決算の時期

 

ちなみに、大きなトレンドは
主戦場期に現れることが多いですから、
このトレンドに乗れるように努めたいところです。

通貨バスケットとは?

通貨バスケットというのは、
固定相場制度の1つであり、

 

自国通貨を
複数の外貨からなる架空の合成通貨に
連動させる通貨制度のことをいいます。

 

スポンサーリンク