石油産出国と商品先物市場の高騰

ドルと運命共同体

石油産出国には、
ドル・ペッグ制を採用している国が多いです。

 

また、石油取引における決済は
ドルで行われていることから、
ドルと運命共同体のような関係にあります。

商品先物市場やユーロ、コモディティー通貨の高騰の理由は?

2008年夏頃まで
商品先物市場の高騰が続いていましたが、

 

中でも原油先物価格高騰の影響により、
コモディティー通貨の上昇が見られたのと並行して、
ユーロ高/ドル安が誘発されていました。

 

これは、ドル下落に嫌気した石油産出国が、
保有しているドルを
2番目に信用力の高い
ユーロにシフトしていたということのようです。

 

ちなみに、1970年代のオイル・ショック後、
石油産出国は、大量に獲得したドルを
シティバンクなど
世界有数の銀行に預けましたが、

 

その資金が、中南米などに融資され、
最終的には焦げ付いてしまったことは、
「ペトロダラーの還流」として有名です。

 

こうしたこともありましたから、
石油産出国は、
2008年夏までに続いた原油高により、
30年ぶりに再び大量のドルを獲得しても、

 

今度は銀行へは預けないで、
ヘッジファンドや投資顧問会社に預けたのかもしれません。

 

そしてそれが、商品先物市場や
ユーロ、コモディティー通貨の高騰を
誘発したのではないかと思われます。

 

スポンサーリンク